メニューをスキップして、このページの本文へ

WAM助成(社会福祉振興助成事業)

平成26年度社会福祉振興助成事業(WAM助成) 募集のお知らせ

 

 
 ※平成26年度社会福祉振興助成事業の募集は終了しました。

   たくさんのご応募、ありがとうございました

      

   ▼参考資料として、平成26年度募集要領等について掲載しております。

 

助成の目的

 社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者が自立した生活を送れるよう、また、子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援等を行うことを目的とします。

募集の内容

※ まずはコチラをクリック!

募集要領はこちらから
(PDFファイルが開きます)

 

助成の対象となる団体

 特定非営利活動法人、社会福祉法人、医療法人、一般社団法人・一般財団法人(定款において残余財産を公益目的の法人に分配することを規定する法人に限る)、公益社団法人・公益財団法人、その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人若しくは団体です。 

助成の対象となる事業

1 高齢者や障害児・者などが地域で普通の暮らしをすることを支援する事業
(1)配食や買い物、移動支援、見守り、居場所づくり、心のケアなどにより、高齢者・障害者などの社会からの孤立を防止する事業
(2)障害の特性に応じた日常生活及び社会生活の支援に関する事業
(3)高齢者・障害者の特性に応じた就労支援に関する事業
(4)虐待や消費者被害の防止、障害の有無による分け隔てのない共生社会の実現、成年後見等高齢者・障害者の権利擁護に関する事業
(5)病院や施設を退院・退所する高齢者や障害者の在宅・地域移行支援事業
(6)成育過程において支援を受けられなかった発達障害者(成人)に対する支援事業
(7)引きこもり青年や軽度の発達障害者等の自立生活に向けた就労前の支援に関する事業
(8)認知症(若年性認知症を含む)の者と家族の支援に関する事業
(9)難病や終末期医療等の重度な状態にある者とその家族の支援に関する事業
(10)たんの吸引等医療的ケアの必要な障害児・者とその家族の支援に関する事業
(11)障害者の芸術やスポーツ等の文化的活動を通じた社会参加を促進する事業
2 地域や家庭における子ども・子育てに関する事業
(12)安心・安全な子育ての環境づくりを支援する事業
(13)児童虐待・DV等の防止、早期発見、保護・支援を必要とする子ども・家庭を支援する事業
(14)病院・児童養護施設等を退院・退所した子どもへの支援に関する事業
3 貧困・格差対策等社会的支援(福祉的支援)を行う事業
(15)生活困窮者に寄り添いながら、自立に向けた包括的・継続的な支援を行う事業
(16)生活困窮に陥った若者のステージに応じた多様な就労支援、自立生活の支援に関する事業
(17)ひとり親家庭などの生活困窮世帯の養育の支援や子どもの学習支援に関する事業
(18)薬物・アルコール依存症者への社会復帰支援事業
4 福祉・介護従事者等の確保・育成に関する事業
(19)福祉・介護従事者の資質の向上、定着支援及び福祉・介護分野への人材の参入促進等に関する事業
(20)多様化する福祉課題に対して総合的な相談や支援ができる福祉人材の育成に関する事業
(21)災害時における福祉支援を担う人材の育成に係る研修・訓練に関する事業
(22)情報交換や相互交流等の機会を通じた全国的なボランティア活動の振興に関する事業

【今回の募集においては、次の(1)~(4)に該当する事業に重点を置いて採択します】
(1)NPO等が行う活動の立ち上げ支援
(2)複数の団体が連携やネットワーク化によって実施する事業
(3)「東日本大震災で被災された方等を支援する事業」、「高齢者などの孤立防止・認知症対策」、
  「児童虐待防止」及び「貧困・格差対策」について取り組む事業
(4)災害時における福祉支援を担う人材の育成

※ 詳細は重点方針をご覧ください。


選定方法

 助成対象事業の選定は、機構が設置する外部有識者からなる社会福祉振興助成事業審査・評価委員会で、平成26年度助成事業に関する選定方針を策定のうえ審査し、同委員会の審議を経て決定します。

詳細は「選定方針」をご覧ください


 (PDFファイルが開きます)

 

 

お問い合わせ

独立行政法人福祉医療機構 助成事業部助成振興課
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル 9階

Tel: 03-3438-9942

Fax: 03-3438-0218

お問い合わせフォーム

◎PDFファイルダウンロード

アドビリーダーのダウンロードページへはこちらから
PDFファイルを開くには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.htmlをクリックして、画面の手順に従って、ダウンロードしてください。
文章をファイルとして保存するにはインターネットエクスプローラーの場合は、右クリックをし、「対象をファイルに保存」を選択してください。保存するファイル名は、拡張子を.pdfにして任意に決められます。

ページのTOPに戻る