メニューをスキップして、このページの本文へ

年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

年金担保貸付に関するアンケート調査(平成28年度)-調査報告書ー 

福祉医療機構が実施している年金担保貸付は、年金受給者の「一時的な資金需要」に対応する融資制度であり、平成27年度末現在で約27.6万件、約880億円という事業規模にあります。

このたび、本制度を利用されている皆様のうち10,000人を対象にアンケートを実施させて頂きましたので、その結果を取りまとめて以下に公表します。

 

年金担保貸付に関するアンケート調査結果のポイントPDFダウンロード(634KB)

 

年金担保貸付に関するアンケート調査報告書(平成28年12月)PDFダウンロード(690KB)

 

目次

 

【1】調査概要

【2】調査結果

 1. 回答者の属性

 (1)回答者の属性

 (2)年金の種類

 2.家族構成

 (1)同居者の有無

 (2)同居人数

 (3)同居者との関係

 3.年金担保貸付の利用状況

 (1)資金使途

 (2)利用回数

 (3)年金担保貸付の完済後に再度利用した理由

 (4)返済中に生活費が不足して困ったことの有無

 4.年金担保貸付以外の借入状況

 (1)年金担保貸付以外の借入の有無

 (2)年金担保貸付以外の現在の借入先

 (3)年金担保貸付以外の借入金額

 5.家計の状況

 (1)返済額(偶数月に返済する2カ月分)

 (2)剰余金額(偶数月に払い込まれる2カ月分)

 (3)公的年金以外の収入の有無

 (4)公的年金以外の収入額(年額)

 (5)市町村民税の課税状況

 6.年金担保貸付が廃止となった場合の対応

 (1)年金担保貸付がない場合の支出

 (2)年金担保貸付制度が廃止となった場合の借入先

 (3)年金担保貸付制度が廃止となった場合の具体的な借入先

 7.生活福祉資金貸付に関すること

 (1)生活福祉資金貸付制度の認知

 (2)生活福祉資金貸付制度の対象世帯への該当

 (3)生活福祉資金貸付制度の利用経験

 (4)生活福祉資金貸付制度を利用しなかった理由

 (5)生活福祉資金貸付の利用意向

 8.年金担保貸付を利用されて、役に立ったこと、またはお困りになったこと、制度についてのご意見・ご要望(自由記入欄に記載された内容)

 

 

ページのTOPに戻る