メニューをスキップして、このページの本文へ

年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

反社会的勢力との関係遮断に関する取り組みについて

独立行政法人福祉医療機構では、反社会的勢力を排除しこれに適切に対応するため、借入申込手続きを行うにあたり年金担保貸付事業及び労災年金担保貸付事業に係る金銭消費貸借契約証書に暴力団排除条項を導入いたしました。
これは、契約時に借入者または連帯保証人が過去5年間にわたり暴力団等の反社会的勢力ではないことかつ将来にわたりこれに該当しないことを表明し保証させるとともに、機構に対して不当要求行為をしないことを確約させ、これらに反した場合に当機構の判断により繰上返済請求をさせていだだくこと等の措置を定めた条項です。

  反社会的勢力に該当する方、反社会的勢力と関係を有する方または反社会的勢力に類する行為を行う方は、公的年金担保融資のご利用はできません。 

ページのTOPに戻る