メニューをスキップして、このページの本文へ

月刊誌「WAM」のごあんない

月刊誌「WAM」2017年11月号抜粋

福祉・医療最前線

地域住民が核となり、都市公園内に保育所を整備・運営
― 宮城県仙台市・社会福祉法人中山福祉会 中山とびのこ保育園  ―

福祉医療機構では、地域の福祉医療基盤の整備を支援するため、有利な条件での融資を行っています。今回は、その融資制度を利用された宮城県仙台市にある中山とびのこ保育園を取りあげます。同施設は、国家戦略特区の特例措置を活用し、地域住民が主体となって平成29年4月に都市公園内に開設したことで、待機児童解消のモデルケースとして注目されています。開設に至るまでの経緯や取り組みについて取材しました。

施設の概要

社会福祉法人中山福祉会 中山とびのこ保育園

住所

 

〒981-0952
宮城県仙台市青葉区中山2-17-1
TEL 022-279-1187
FAX 022-279-1183
URL http://tobinoko.jp/
[外部リンク(社会福祉法人中山福祉会 中山とびのこ保育園ホームページ)]
施設開設 平成29年4月
理事長 曳地 邦男
園長 佐藤 和子
定員 90人(0~5歳児)
職員数

24人(平成29年10月現在)

 

 

バックナンバー2017年10月号

ページのTOPに戻る