メニューをスキップして、このページの本文へ

月刊誌「WAM」のごあんない

福祉と医療の民間活動を応援します                 毎月1日発行

月刊誌WAM6月号

6月号を試し読み(PDF)
月刊誌WAM購読申し込みはこちら

 

今後の療養病床のあり方と選択

   介護療養病床と医療療養病床の一部(25対1)は平成29年度末に廃止されることとなっていますが、まだ介護療養病床が約6.3万床(平成27年3月末)、医療療養病床(25対1)が約8万床(平成25年7月末)あり、ともに要介護度4以上の利用者が大半を占めるなど、廃止後の転換には課題が多くあります。
    転換先の選択肢等について議論してきた厚生労働省の「療養病床の 在り方等に関する検討会」では、平成28年1月に、これまでの議論を踏まえた新たな選択肢案をとりまとめました。具体的には、「住まい」 の機能の強化を中心に、(1)医療を内包した施設類型、(2)医療を外から提供する「住まい」と医療機関の併設類型等を提示しています。
   療養病床廃止後の転換の姿は、地域包括ケアシステムの実現にも 影響を及ぼします。今後の選択について考えていきます。
  

 

インタビュー

今後10年間の動きを見据えたマーケティング戦略を

日本慢性期医療協会副会長・医療法人池慶会理事長・池端病院院長 

(療養病床の在り方等に関する検討会委員)池端 幸彦氏 

 レポート
 一般財団法人仁風会(京都市右京区)の取り組み
     

福祉・医療最前線
介護人材の確保に向け高卒者の安定的な採用を実現

東京都武蔵野市・社会福祉法人徳心会
特別養護老人ホームさくらえん

いきいきチャレンジ

産婦人科過疎地域での助産師による子育て支援

岩手県花巻市・
まんまるママいわて

WAMレポート
平成26年度 
保育所の経営状況について
勘どころ経営講座

これからの障害福祉サービスのあり方(3)
障害者総合支援法等改正における障害児に対する支援
上智大学 総合人間科学部社会福祉学科 教授 大塚 晃

実践からみる地域包括ケアにおける連携・機能分化(3)

地域包括医療を提供する医療機関と後方施設の連携

特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長 藤井 将志

次号予告
特集

介護予防・日常生活支援総合事業への取り組み

福祉・医療最前線

社会医療法人真美会
中野こども病院

いきいきチャレンジ

特定非営利活動法人ミーネット

WAMレポート

平成26年度 

ケアハウスの経営状況について

ページのTOPに戻る