メニューをスキップして、このページの本文へ

機構とは

経営理念

福祉医療機構 民間活動応援宣言

私たちは、国の政策効果が最大になるよう、地域の福祉と医療の向上を目指して、お客さまの目線に立ってお客さま満足を追求することにより、福祉と医療の民間活動を応援します。

1.民間では対応が困難な政策金融やNPOへの助成などにより、福祉と医療の向上を目指します。
2.専門性を磨き、民間活動への支援の質を高め、福祉と医療の向上を目指します。
3.機構の持つ総合力を発揮し、福祉と医療の連携を支援します。
4.公共性、透明性及び自主性を発揮し、コンプライアンスを徹底することにより、健全性を確保します。
5.コスト意識を徹底し、効率的な業務運営を行います。
6.強く明るい職員を目指し、自ら働きがいのある組織として、お客さま満足を追求します。

経営理念である「民間活動応援宣言」の具体化方策について

平成20年10月に策定しました福祉医療機構の経営理念である「民間活動応援宣言」を具体化するため、平成21年4月から『民間活動応援本部』を立ち上げました。

この『民間活動応援本部』では、顧客サービスの向上の観点から各事業の問題点を把握するとともに、機構の持つ総合力を発揮して福祉と医療の民間活動を支援してまいります。

【民間活動応援本部について】

経営理念である「民間活動応援宣言」 の具体化策として『民間活動応援本部』を立ち上げ

顧客(担い手)サービスの向上の観点から各事業の問題点を把握し、戦略の検討

機構の総合力を発揮し福祉と医療の民間活動を支援

ページのTOPに戻る